悲しみと喜びの未来地図

選び放題のアラカルト

・Sexy"娘。"時代

 

 

 真剣に140字で表現することも考えたが、そこにこの興奮を納めることは普通に無理だった。

 

 

 街の木々の紅葉を目にし、ああ1年経つんだなと去年の受験生生活を思い出しながら、年末の長時間音楽番組のトップバッターであるベストアーティストを迎えた。2017年11月28日、この日は一種の記念日となったような気がする。

 

 もちろんDD的には見るところがありすぎて、まだ編集してないけれど30分ぐらいは残るかもしれないとヒヤヒヤしている。長時間番組はまだまだあるのに、HD整理という大掃除が増えてしまうから。個々人のパフォーマンスはもちろんだが、何よりもアイドル×アイドルのコラボである。

 あ、でもその前に。Hey! Say! JUMPのドッキリだけは無いわ。マネージャーも断りなさいよ。あんな泣きそうな涼介見たくない。裏では何があっても良いけれど、アイドルは表でアイドルしててほしい。絶対。まあその意味では、「どうやって表情作ろうか悩んでた」とボソッとこぼした涼介は、ああアイドルだなあって思ったけれど。

 

 

 気を取り直してアイドルコラボについて。

夢だったんだよね。ドラマなどでの共演はあったけれど(私立バカレア高校やBADBOYSJ、49など)、やっぱり"アイドル"同士のパフォーマンスが見たかった。仲良くなって馴れ合う姿じゃなくて、(それも好きだけど、)自分たちの職にプライドを持ちながらもぶつかり合う姿を。
 

 それが今回、SexyZoneとモーニング娘。'17の歌う"LOVEマシーン"で見れた。嵐と乃木坂46のコラボももちろん素晴らしかったけれど、やっぱり嵐のキャリアと国民的アイドル性が勝っちゃってて。さらに個人的感想を言うならば、A・RA・SHIをやるなら欅坂46のキレキレダンスと衣装の方が合ってない?と思ってしまった。 

 

 LOVEマシーンが世代の歌だって言うのもあったかもしれない。もちろん当時のことなんてなんにも覚えてないけれど、ラブマ(LOVEマシーンの略称)ノリは体に刻み込まれていた。

 


 娘。なんて当時ぶりのご無沙汰だったけれどもラブマは大切に歌い継がれてきたんだなあと感じたし、SexyZoneはSexyZoneで最年少以外は世代なはずだし、なんてったってヲタクな最年長がいる。

 

 いや、中島さん。ラブマ歌い慣れすぎでは?誰もが勝利が来ると思っていたSexyZone側のセンターを中島さんにしたの誰?最高すぎない?(最近嵐さんのようにセンターにとらわれなくなったSexyZone良いよね。)個人ブログですら完全にラブマに染まってるよ?もうなんかハロプロ入りおめでとうございます、夢叶ってよかったね。そして翌日の主演映画のイベントでは、自身につけられたばかりのあだ名”歩くLOVEマシーン”を存じ上げてるの凄いね…。

 

 勝利くんいつからハモり担当になったの?ウィスパーと低音ヴォイスを武器にした顔面人間国宝やばくない?(やばい)他のメンバーも相変わらず個性豊かで(割愛)、てか女子ドルの曲を原曲キーで歌う?しかも生歌?

 

 SexyZoneらしさを取り入れつつも、2グループで1つのような見応えだった。なによりも両グループ共、本人達が一番楽しそうだったよね(笑)娘。ちゃん達もWSで「キラキラオーラでがんばれた(超要約)」なんて言ってて良い子達すぎる、愛でたい。対するこちらサイドは”今日だけモー娘。”と見せかけて「今日だけLOVEマシーン」、どういうこと?な安定の松島節。それにしてももうなんか世界平和。兼ヲタの子のブログ読むまで忘れてたけど、ファンの間でオリコン争いしてたのバカバカしいわ…。

 

 対バンって言葉がめちゃめちゃピッタリなパフォーマンスだった。それにそれに、工藤ちゃんが卒業しなかったら、数年後にはセクゾ担の過半数ハロプロ兼ヲタになってしまう、そんな感じ(断言)。気になる気になるの大渋滞でヲタクもハッピーハッピー。こんなに綺麗に終わる異色コラボはこの先もないでしょう、なくあって欲しい。
 

 

 今回のコラボを通じて、何事にも全力で取り組む姿、自分の感情に正直で素直なのにファンを悲しませることは絶対にしない姿勢が、SexyZoneの好きなところだなあと改めて思った。なんてったって5周年記念ツアーで自ら進んで女装しちゃうようなグループだから。しかも早替えにしては女子泣かせのクオリティーの高いやつを。やっぱり彼らって男の娘なのかなあ…。

 

 彼らの多くがアイドルヲタクだから、アイドルらしさとは何たるかを見事に理解して咀嚼して、それを表現しているんだよね。それは前々からひしひしと感じてた。でもそれは男性アイドルとしてだけじゃなくて、女子アイドルとして(?)も適用されるんだね。やっぱり彼らは侮れないや。

 

 

 正直ね、こんなのが実現しちゃうと思っちゃうんだ。もし私の推しがアイドルを続けていたら(過去記事をご覧ください)、いつか推しと自担のコラボが叶ったかもしれないって。今そちら界隈は少し不穏な動きしてるし、なかなか難しいことも分かっているんだけれど。好きなアイドル×好きなアイドルって一番見たいやつじゃん。

 でも今回のこのコラボは、そんな寂しい気持ちも払拭してくれるぐらいに素晴らしかった。何よりも、見たかった姿がそこにあった。しかも、今一番好きなアイドルグループが、人生で初めて好きになったアイドルグループの当時の楽曲を歌うことで。下手に毎年毎年、メンバーシャッフルでメドレーを歌うよりもずっとよかった(それはもうカウコンでやってくれれば、何も地上波でやる必要は無いと思ってる)

 


 こんな素敵なコラボがいつまでも続けばいいのに。そんな明るい未来に就職希望だわ。